fc2ブログ

1月12日の通院(DRC療法終了後15週間目)

1月12日 診療の流れ
採血⇒約半年ぶりの眼科受診⇒血液内科受診⇒腎臓内科受診
⇒中央処置室でミルセラ注シリンジ250μg(HGBを増やす薬)の注射
⇒会計終了⇒院内処方薬受取 (朝8時55分病院着⇒13時15分終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値 単位    8月25日 9月1日 9月29日 10月27日 1月12日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L 11.1               8.9       8.7
                                     λ:5.7~26.3     5.5L              5.5L      5.3L
                                   κ/λ比:0.26~1.65 2.02H            1.62      1.64
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL    546H    42H     57H     57H       50H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL   2.43H   2.11H   2.44H  2.74H  2.31H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL       3.4L    3.5L     3.5L      3.5L    3.4L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  21.8L   25.4L  21.7L  19.1L   23.0L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
       5月30日 6月23日 7月14日 8月4日 8月25日 9月1日 9月29日 10月27日 1月12日
IgM      671H    587H    568H    483H    448H               349H    308H    229H
IgG       29L        33L      29L       40L      30L                  22L      18L      9L
IgA        8L         3L        8L         4L        6L                    5 L       5L       7L
eGFR    21.7L   19.8L   20.5L    20.2L    21.8L    25.4L    21.7L   19.1L  23.0L
WBC     4160   2960L   2810L   2830L   1800L   3030L   2950L  1820L  2550L
RBC      228L     216L    233L     217L     225L     245L     261L    240L   226L
HGB     7.6L      7.4L     8.1L      7.4L     7.8L      8.4L      8.8L      8.0L    7.8L
PLT       21.1     15.6     14.8     15.5     14.8      14.6      15.2    12.6L   13.4
CRP                                                    0.03      0.04      0.02     0.04   0.04

気付けばIgM値229Hで病の発覚後最低値更新!!!(基準値に近付きました!)
WBC値2550Lと低めのため治療中に飲んでいたダイフェン配合錠(感染の原因となる病原菌を殺す)とアシクロビル錠(ウイルスの増殖を抑える)は継続となった 
治療が終わってから15週間目骨髄抑制も無くなりHGBが増えることを期待していたが、増えてないのでHGBを増やす薬(ミルセラ注シリンジ250μg)を注射する
次回の通院は2024/3/15
スポンサーサイト



10月27日の通院(DRC療法終了後4週間目)

10月29日 診療の流れ
採血⇒血液内科受診⇒中央処置室でフィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mL(WBCを増やす薬)の注射
腎臓内科受診⇒中央処置室でミルセラ注シリンジ250μg(HGBを増やす薬)の注射
⇒会計終了⇒院内処方薬受取 (朝9時45分病院着⇒13時30分終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値 単位    8月4日 8月25日 9月1日 9月29日 10月27日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L 11.8   11.1               8.9
                                     λ:5.7~26.3     5.8     5.5L              5.5L
                                   κ/λ比:0.26~1.65 2.03H 2.02H            1.62
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL    50H     46H    42H     57H     57H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL  2.60H  2.43H  2.11H   2.44H  2.74H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL      3.6L    3.4L    3.5L     3.5L      3.5L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  20.2L  21.8L   25.4L  21.7L  19.1L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
       5月12日 5月30日 6月23日 7月14日 8月4日 8月25日 9月1日 9月29日 10月27日
IgM      607H     671H    587H    568H    483H    448H               349H    308H
IgG       19L       29L        33L      29L       40L      30L                  22L      18L
IgA        5L         8L         3L        8L         4L        6L                    5 L       5L             
eGFR    24.7L   21.7L   19.8L   20.5L    20.2L    21.8L    25.4L    21.7L   19.1L
WBC     3690L   4160   2960L   2810L   2830L   1800L   3030L   2950L  1820L
RBC      239L   228L     216L    233L     217L     225L     245L      261L    240L
HGB      7.9L    7.6L      7.4L     8.1L      7.4L     7.8L      8.4L      8.8L      8.0L
PLT       15.4     21.1     15.6     14.8     15.5     14.8      14.6      15.2    12.6L
CRP       0.12                                                  0.03      0.04      0.02     0.04

WBC値1820L 好中球実数700Lと低めとインフルエンザの流行で感染症のリスクが有るのでフィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mL(WBCを増やす薬)とHGBを増やす薬(ミルセラ注シリンジ250μg)を注射する。
(腎機能が低下すると貧血に成るが貧血も腎臓に負担を掛けるとの事)
FLCもIgM値も順調に下がって来ているので腎機能の改善を期待したい。
次回の通院は2024/1/12 

9月29日の通院治療(DRC療法6クール目)

9月29日の診療及び治療の流れ
採血⇒化学療法室の予診⇒血液内科診療⇒化学療法室で治療
⇒会計終了⇒院内処方薬受取 (朝8時35分病院着⇒14時15分終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値 単位   7月14日 8月4日  8月25日 9月1日 9月29日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L 17.8    11.8   11.1
                                     λ:5.7~26.3     6.3      5.8     5.5L
                                   κ/λ比:0.26~1.65 2.83H  2.03H 2.02H
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL    50H     50H     46H    42H     57H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL  2.57H   2.60H  2.43H  2.11H   2.44H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL      3.5L      3.6L    3.4L    3.5L    3.5L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  20.5L  20.2L  21.8L   25.4L  21.7L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
        4月7日  5月12日 5月30日 6月23日 7月14日 8月4日 8月25日 9月1日 9月29日
IgM        734H   607H     671H    587H    568H    483H    448H               349H
IgG         33L     19L       29L        33L      29L       40L      30L                  22L
IgA          9L       5L         8L         3L        8L         4L        6L                    5 L                 
eGFR      23.8L   24.7L   21.7L   19.8L   20.5L    20.2L    21.8L    25.4L    21.7L
WBC       5000   3690L   4160   2960L   2810L   2830L   1800L   3030L    2950L
RBC        266L    239L   228L     216L    233L     217L     225L     245L      261L
HGB        8.4L     7.9L    7.6L      7.4L     8.1L      7.4L     7.8L      8.4L      8.8L
PLT         16.9     15.4     21.1     15.6     14.8     15.5     14.8      14.6      15.2
CRP                   0.12                                                   0.03      0.04      0.02

WBC値2960L 好中球実数1530と低めだが免疫抑制が有っても感染症のリスクに問題なしとのことでフィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mL(WBCを増やす薬)の注射もHGBを増やす注射(ミルセラ注シリンジ200μg)も無く、DRC療法1セット(6クール)を無事終了しました。
FLCもIgM値も順調に下がって来ているので部分奏功(PR)でしょうか。
次回からは治療無しの経過観察と成ります。

9月1日の通院治療(DRC療法5クール目)

9月1日の診療及び治療の流れ
採血⇒化学療法室の予診⇒血液内科診療⇒化学療法室で治療(腎臓内科の医師が往診
(往診時間が予定より遅れ点滴終了間際に成ってしまった)⇒中央処置室ミルセラ注射
⇒会計終了⇒院内処方薬受取(朝8時35分病院着⇒14時30分終了)

8月25日の診察でWBC(好中球)が少なく感染症のリスクが高いので治療は延期に成りましたが
フィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mLの注射が効いて、無事治療を受ける事ができました。
WBC値1800L⇒3030 好中球実数790L⇒1580 効果てきめんでした!
ミルセラ注シリンジ200μg 0.3ml+50μg 0.3mlに増量(最高投与量:250μg)

ミルセラ注シリンジ投与とHGB値の関係
ミルセラ注 (50μg)                                 (50μg)            (200μg)          (250μg)
            5月26日 5月30日 6月1日 6月9日 6月23日 7月14日 8月4日 8月25日 9月1日
DRC療法                 31日1回目             2回目   3回目     4回目              5回目
HGB        7.9L     7.6L     8.5L     7.1L    7.4L      8.1L     7.4L     7.8L     8.4L
    治療1日後のフレアーかな?↑    ↑
                                       骨髄抑制とミルセラ効果がどの様に関係してるか分からないが
                                       2週間目が底で3週間目位から上向くらしい!
                                      (7以下に成っていた可能性大)

8月25日の通院治療(DRC療法5クール目は空振り)

8月25日の診療及び治療の流れ
採血⇒化学療法室の予診⇒血液内科診療(WBC(好中球)が少なく感染症のリスクが高いので本日の治療は延期となりました)
⇒中央処置室で注射(フィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mL)
⇒会計終了⇒院内処方薬受取 (朝8時25分病院着⇒10時20分終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値 単位   5月30日 6月23日 7月14日 8月4日  8月25日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L           18.6  17.8     11.8
                                     λ:5.7~26.3               6.6      6.3       5.8
                                   κ/λ比:0.26~1.65         2.82H   2.83H   2.03H
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL    70H     48H     50H     50H     46H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL  2.44H   2.65H   2.57H   2.60H  2.43H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL      3.4L     3.5L     3.5L      3.6L    3.4L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  21.7L  19.8L  20.5L   20.2L   21.8L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
         2月3日 3月3日 4月7日  5月12日 5月30日 6月23日 7月14日 8月4日 8月25日
IgM        859H   787H   734H   607H     671H    587H    568H    483H    448H
IgG         47L     36L      33L     19L       29L        33L      29L       40L      30L
IgA          10L     8L        9L       5L         8L         3L        8L         4L        6L
eGFR      25.3L   24.3L   23.8L   24.7L   21.7L   19.8L   20.5L    20.2L    21.8L
WBC       5110    4580    5000   3690L   4160   2960L   2810L   2830L   1800L
RBC        284L     267L    266L    239L   228L     216L    233L     217L     225L
HGB        9.1L     8.6L     8.4L     7.9L    7.6L      7.4L     8.1L      7.4L     7.8L
PLT         25.3     23.2    16.9     15.4     21.1     15.6     14.8     15.5     14.8
CRP                                                     0.12                                        0.03

WBC以外は平衡及び改善傾向にあるだけに治療延期はチョット残念!
フィルグラスチムBS注75μgシリンジ「F」0.3mLが効くと良いな延期は1週間後の9月1日
プロフィール

hanaoyajiblog

Author:hanaoyajiblog
2008年7月 原発性マクログロブリン血症とALアミロイドーシス併発と診断される。

2009年2月15日同病者と情報交換のためにYahoo!ブログを開設する。
と言っても趣味の写真を張り付ける事と約3か月に1度の検査報告・・・。
2019年4月Yahoo!ブログ終了の通知を機にFC2ブログに移行する。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR