fc2ブログ

8月4日の通院治療(DRC療法4クール目)

8月4日の診療及び治療の流れ
採血⇒化学療法室の予診⇒血液内科診療⇒化学療法室で治療(腎臓内科の医師が往診
(往診時間が予定より遅れ点滴終了間際に成ってしまった)⇒中央処置室ミルセラ注射
⇒会計終了⇒院内処方薬受取
(朝8時35分病院着⇒夕15時10分終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値 単位   5月12日 5月30日 6月23日 7月14日 8月4日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L  17.2                18.6
                                     λ:5.7~26.3       7.1                 6.6
                                   κ/λ比:0.26~1.65  2.42H             2.82H
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL      56H     70H      48H     50H     50H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL   2.17H    2.44H   2.65H   2.57H   2.60H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL        3.6L     3.4L     3.5L     3.5L      3.6L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  24.7L   21.7L   19.8L   20.5L    20.2L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
         1月6日 2月3日 3月3日 4月7日  5月12日 5月30日 6月23日 7月14日 8月4日
IgM        711H    859H   787H   734H   607H     671H    587H    568H   483H
IgG         40L      47L     36L      33L     19L       29L        33L      29L      40L
IgA           8L       10L     8L        9L       5L         8L         3L        8L        4L
eGFR      28.3L    25.3L   24.3L   23.8L   24.7L   21.7L   19.8L   20.5L   20.2L
WBC       5140    5110    4580    5000   3690L   4160   2960L   2810L   2830L
RBC        252L    284L     267L    266L    239L   228L     216L     233L    217L
HGB        8.2L     9.1L     8.6L     8.4L     7.9L    7.6L      7.4L      8.1L     7.4L
PLT         21.8     25.3     23.2    16.9     15.4     21.1      15.6    14.8     15.5

骨髄抑制で白血球・血小板が下がっているが体調は良好、炎天下に出掛けるにはヘモグロビンをもう少し増やしたい!
ミルセラ注シリンジ50μg 0.3mlから200μg 0.3mlに増量(急に多過ぎないか?)
IgM値が順調に減少しているのが嬉しい。
その他検査値に微増減は有るがほぼ平衡です。
浮腫みが取れて来たので降圧利尿剤(トラセミドOD錠 4mg)は7月14日から休薬、ニフェジピンCR錠(20mg)狭心症の薬は上の血圧が130未満だったらスキップに変更で週に1~2錠に減薬出来ている(腎臓を守るためにも減薬は有効と思う)
新型コロナが第9派が拡大中だが感染症の5類に移行され暑さも手伝いマスクの着用率が電車内でも25%位に減って来ました座席が空いていても未着用者の隣に座るのは躊躇してしまいます。
(しんどいので空きを見付けて直ぐ座りますけど)

7月14日の通院治療(DRC療法3クール目)

7月14日の診療及び治療の流れ
採血⇒化学療法室の予診⇒眼科検査(途中で血液内科からコール有り)
⇒血液内科診療⇒眼科検査に戻る⇒化学療法室で治療⇒会計終了
(朝8時15分病院着⇒夕14時15分会計終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値  単位    4月7日 5月12日 5月30日 6月23日 7月14日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L  12.9  17.2                  18.6
                                     λ:5.7~26.3       6.8  7.1                    6.6
                                   κ/λ比:0.26~1.65  1.9H  2.42H               2.82H
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL      60H    56H      70H      48H     50H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL   2.24H  2.17H    2.44H   2.65H   2.57H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL        3.5L    3.6L     3.4L     3.5L     3.5L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  23.8L  24.7L   21.7L   19.8L   20.5L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
         12月6日 1月6日 2月3日 3月3日 4月7日  5月12日 5月30日 6月23日 7月14日
IgM        719H    711H    859H   787H   734H   607H     671H    587H    568H
IgG         60L       40L      47L     36L      33L     19L       29L        33L      29L
IgA          12L        8L       10L     8L        9L       5L         8L         3L        8L
eGFR      31.1L   28.3L    25.3L   24.3L   23.8L   24.7L   21.7L    19.8L   20.5L
WBC       4740    5140    5110    4580    5000   3690L   4160    2960L   2810L
RBC        257L     252L    284L     267L    266L    239L   228L     216L     233L
HGB        8.5L     8.2L     9.1L     8.6L     8.4L     7.9L    7.6L      7.4L      8.1L
PLT         21.9     21.8     25.3     23.2    16.9     15.4     21.1      15.6    14.8

骨髄抑制で白血球・血小板が下がっているが体調は良好、炎天下に出掛けるにはヘモグロビンをもう少し増やしたい!
検査値に微増減は有るがすべてが平衡です。
新型コロナが第9派が拡大中だが感染症の5類に移行され暑さも手伝いマスクの着用率が減って来ました、電車の席が空いていても未着用者の隣に座るのは躊躇してしまいます(冷房が利いているのでマスクを着用して欲しいですね!)

6月23日の通院治療(DRC療法2クール目)

6月23日の診療及び治療の流れ
採血・採尿⇒化学療法しつの予診⇒血液内科診療⇒化学療法室で治療⇒
腎臓内科の先生が化学療法室に往診⇒中央処置室ミルセラ注射
(朝8時25分病院着⇒夕16時19分会計終了)

ALアミロイドーシス 血液検査や尿検査で病気の状態を知る
検査の項目 調べられること 正常値  単位    3月3日 4月7日 5月12日 5月30日 6月23日
血清中FLC アミロイドの量 κ:3.3~19.4 mg/L  14.6   12.9
                                     λ:5.7~26.3       6.8     6.8
                                   κ/λ比:0.26~1.65  2.15H  1.9H
尿酸窒素  腎臓の様子   8~20  mg/dL      52H    60H    56H      70H      48H
クレアチニン       0.65~1.07 mg/dL   2.20H  2.24H  2.17H    2.44H   2.65H
アルブミン                    4.1~5.1  g/dL        3.2L    3.5L    3.6L     3.4L     3.5L
eGFR                      ≧60 mL/min/1.73㎡  24.3L  23.8L  24.7L   21.7L   19.8L

血液検査の違いを見ると大きな違いは下記の通り、薬が効いてくる事をことを願います
         11月1日 12月6日 1月6日 2月3日 3月3日 4月7日  5月12日 5月30日 6月23日
IgM        606H    719H    711H    859H   787H   734H   607H     671H      587H
IgG         71L       60L       40L      47L     36L      33L     19L       29L        33L
IgA           9L        12L        8L       10L     8L        9L       5L         8L         3L
eGFR      23.8L    31.1L   28.3L    25.3L   24.3L   23.8L   24.7L   21.7L    19.8L
WBC       3830     4740    5140    5110    4580    5000   3690L   4160    2960L
RBC        262L     257L     252L    284L     267L    266L    239L   228L     216L
HGB        8.6L      8.5L     8.2L     9.1L     8.6L     8.4L     7.9L    7.6L      7.4L
PLT         24.0     21.9     21.8     25.3     23.2    16.9     15.4     21.1      15.6

白血球・ヘモグロビン・血小板が下がっているのは骨髄抑制
リツキサンの点滴が終わり注射(ミルセラ注シリンジ50μg 0.3ml)まで1時間以上待たされた!

入院時(5月分)に診断群分類包括評価=DPC(Diagnosis Procedure Combination)で
高額医療上限額適用したため6月分の支払いは高額医療上限額以下でした。
(ありがたい制度です)


6月9日の通院

6月9日の通院は、DRC療法開始から10日目で副作用や骨髄抑制が大きく表れるため検体検査
WBC=3220L  RBC=211L  HGB=7.1L  減っているが想定内で問題なし。
クレアチニン=2.27H  eGFR=23.5L  腎臓への負担は無さそうです。
2回目の通院治療は6月23日で6クールまで順調に行けそうです。

エバシェルド筋注(新型コロナ中和抗体):お尻に打つとは聞いていたが2本で1セット
(左右で1セットとか?)薬剤費(公費)手技料等(自己負担)3,100円(消費税込み)

5月30日入院~6月1日スピード退院

5月30日 化学療法変更により副作用による危険性・合併症発生時の対処のため入院する。
1日目:採血・採尿  CT検査 心電図  眼科検査を実施
2日目:午後1時頃から点滴開始午後6時頃終了
3日目(6月1日):7時頃採血 体調も良く血液検査においても特に異常が認められないので
          10時頃退院する。

 担当医師から化学療法の変更説明   
当初RBenda療法の予定でしたが腎機能低下のため腎臓に負担の少ないDRC療法に
変更しました。
D:デキサート(一般名:デキサメタゾンリン酸エステナルナトリュウム) day1  50ml
 ・・・抗炎症効果により形質細胞を低下させ新たなアミロイドの生産を低下させます。
【副作用】胃痛、胸やけ、不眠、血圧・血糖値の上昇、免疫力の低下など。

R:リツキサン(一般名:リツキシマブ) day1  500mlパック
 ・・・抗腫瘍効果のある薬です。
【副作用】インフュージョンリアクション
 ⇒点滴中に頭痛、寒気、かゆみ、喉のいがいが感などの症状が現れることがあります。
  その他咳、発疹、血圧上昇、頻脈、冷や汗、脱力感など
  重大な症状としては、ショック症状、心障害、腎障害、血圧低下など
  特に初回の点滴で副作用が現れやすいと言われています。
  予防のために、ゆっくりと時間をかけて点滴をします。
【副作用予防の飲み薬】
  カロナール錠(一般名:アセトアミノフェン)・・・解熱鎮痛薬。1日1回 1回2錠
  d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(一般名:マレイン酸クロルフェニラミン)
  ・・・抗ヒスタミン薬。1日1回 1回1錠

C:エンドキサン(一般名:シクロホスファミド) day1~5  1日2回 1回
 ・・・抗腫瘍効果のある薬です。
【副作用】骨髄抑制(特に白血球減少)、吐き気、脱毛、出血性膀胱炎など

腎機能低下を止めるためにALアミロイドーシスの標準療法を行ってきたが
IgM値はそれなりに低下してきて、フリーライトチェーンも減少してきているが
腎機能は確実に低下している。ここでピッシと止めないと近い将来人工透析になってしまう。
そこで、ALアミロイドーシスの標準療法以外の療法を選択する事になった。
マクログロブリン血症の標準療法からDRC療法を実施した。
特定疾患の治療ではないので、これからは医療費が嵩むのかな?

プロフィール

hanaoyajiblog

Author:hanaoyajiblog
2008年7月 原発性マクログロブリン血症とALアミロイドーシス併発と診断される。

2009年2月15日同病者と情報交換のためにYahoo!ブログを開設する。
と言っても趣味の写真を張り付ける事と約3か月に1度の検査報告・・・。
2019年4月Yahoo!ブログ終了の通知を機にFC2ブログに移行する。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR